上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
引用

日本航空の経営再建に向けて、前原誠司国土交通相直轄の専門家チーム「JAL再生タスクフォース」は18日、過剰債務企業を支援する「企業再生支援機構」を活用する方向で政府と調整に入った。活用が決まれば、支援機構が公的資金を使って日航の資本を増強でき、金融機関との債務調整や再建手続きが進めやすくなる。近く公表する再建計画の骨子を元に、関係閣僚・省庁と支援機構が協議を進める。
 日航再生に向け、同チームは公的資金を含む1500億円前後の資本増強を柱とした再建計画を検討中。さらに計画実行までの資金繰り支援として、日本政策投資銀行など主力取引銀行に計2000億円のつなぎ融資を要請した。
 専門家チームは同日までに、資本増強とつなぎ融資を日航が受けるための再建手法として、(1)支援機構の活用(2)私的整理手法の一つである「事業再生 ADR(裁判外紛争解決手続き)」と公的資金支援の併用-の2つに選択肢を絞り、経済産業省など関係先と調整に入った。 

引用終了



こういうゾンビ企業は市場から退場した方がいいと思うのですが、
なぜここまでして生かそうと考えるのでしょうか。
ANAはいい迷惑ですよね。
2009.10.18 Sun l 雑談 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。